メインへ

地区防災計画

地区防災計画とは 
 平成25年6月の災害対策基本法改正において、地域コミュニティの地区居住者等による防災活動に関する「地区防災計画制度」が創設されました。
 地区防災計画制度においては、地区居住者等は市町村地域防災計画に地区居住者等が作成した地区防災計画を定めることができ、市町村防災会議に対して、市町村地域防災計画に地区防災計画を定めることを提案することができることとなっています。
 地区防災計画は、自分たちの地区に災害が起きることを想定し、そのための準備と災害時の自発的な行動を、一定地区内の居住者や事業者(地区居住者等)のみんなでつくる計画です。
 計画には、「①地区それぞれの特性や想定される災害」、「②訓練等を含めた平常時の取組」、「③災害時の防災活動」といったことを地域が主体となって定めることとなっています。また、取組については、防災活動が形骸化しないよう継続的な計画とすることが重要です。

地区防災計画ガイドライン 
 地区防災計画ガイドラインでは、地区居住者等が地区防災計画について理解を深め、地区防災計画を実際に作成したり、計画提案を行ったりする際に活用できるように、制度の背景、計画の基本的な考え方、計画の内容、計画提案の手続、計画の実践と検証等について説明しています。
 詳しくは、内閣府(防災担当)のこちらのHPをご覧ください。

地区防災計画の提案に係る手続
 津市防災会議に計画提案する手続については、こちらをご覧ください。また、津市防災会議へ計画提案する際の地区防災計画提案書については、こちらをご活用ください。

メインへ


このページの情報に関するお問合せは…
津市危機管理部 防災室または危機管理課
TEL 059-229-3104(防災室)  059-229-3281(危機管理課)
FAX 059-223-6247  MAIL  229-3281@city.tsu.lg.jp
各種計画
避難所一覧
地震
津波
風水害
土砂災害
津市の危機管理
もしもの時に備えて
申請書
避難計画作成
津市災害時協力井戸
津市民防災大学
津市家具等転倒防止対策
津市耐震シェルター設置事業